共感すること




こんにちは。



今年読んだ本に

歳や経験を重ねるほど、
人に"共感"することが出来なくなる。

とありました。

具体的にどういうことだろう。




例えば自分より歳上の方々に相談すると、

"そんなもんよ"的な返答をいただく。



その言葉で気楽に考えられることもあるが、

逆に"なぜ私の気持ちを理解してくれないのか。同じ道をたどったのではなかったのか?"

と、切羽詰まっている心が

更に締めらけられることも多い。



また希だが、"なぜわからないの"

という態度を返されることもある。





では自分の歳"下"に対する対応はどうだろうか。



歳を取り、20、30年の経験で

もう2歳や3歳の記憶はない。

しかし本当は、そんな幼い年頃でも

大人と変わらない意見や気持ちがあり、

"理解"を求めている。

にも関わらず母親はイライラし、

本人には理不尽にも怒られてしまう。

心を受け止めてもらえず、

きっと寂しく虚しい気持ちになっている。


つまりは私も"共感"が出来ていないことになる。






先日、保育園の看護師さんに

風邪をひいた二歳差姉妹

および(移され発熱した)私の状況を

あまり推測してもらえず悶々。

同時に次女が発熱している間、

長女の気持ちを十分に汲んでやれなかったなと

反省しながら考えました。




世の中は歳上も下も関係ないというが、

やはり経験の数が違うので、

私は考慮がないのはどうかなと思う筋です。

しかし下が上を尊敬するためには、

上が下の気持ちに"共感=理解を示す"ことも

必要なのかなと考える。



90歳以上という長生きの時代、

今の年齢の2倍、3倍経ったあとでも

この考えを忘れずにいられるように

なりたいと思いました。




記事を読んで、何か感じてくださったら
ポチッといただけると嬉しいです。

プロフィール

さき

FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

月別アーカイブ